2019年6月9日日曜日

平成31年度「第57回 専門学校研究協議会」開催のご案内

都高進より「専門学校研究協議会」開催のご案内

 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また平素から本会の研究活動・事業には、御理解・御協力をいただき厚く御礼申し上げます。
 さて専門学校研究部会では、専門学校進学希望者に対する適切な進路指導を進める一助とするため、専門学校の研究協議会を下記の要領で開催致します。つきましては、校務御多忙のおり、誠に恐縮ですが、先生方に参加賜りますよう、よろしくお願い致します。


  1. 日時  令和元年7月4日(木)14:00~17:15
  2. 会場  日本電子専門学校 7号館地下2階 7B21教室
        〒169-0074 新宿区北新宿1-4-2
        アクセスMAP(日本電子専門学校のサイトへ)
  3. 研究協議テーマ
        「グローバル化のなかのホテルスタッフ養成
                   -専門学校の教育と東京2020」
  4. 内容  ①基調講演
         「ホテル業界の魅力
            ―ホテルスタッフの仕事とキャリア形成について」
        ② 研究協議・パネルディスカッション
         「今求められるホテルスタッフ教育とは」
         パネリスト:東京YMCA国際ホテル専門学校
               専門学校日本ホテルスクール
               東京エアトラベル・ホテル専門学校
               他 都内のホテル系専門学校
         コーディネーター:
               東京都立東大和南高等学校 齊藤勉 教諭
  5. 申込  FAX(別紙申込書)か齊藤宛のメールにて
        6月28日(金)までに下記までお申し込みください。
        当日参加も出来ますが、資料準備の都合上、なるべく事前に
        ご連絡下さい。
        会場校への直接のお問い合わせは、御遠慮ください。
  6. 問い合わせ、連絡先
        東京都立東大和南高等学校 進路指導部 齊藤勉
        〒192-8562 東京都東大和市桜が丘3-44-8
        TEL 042-565-7117
        FAX  042-565-2895
        メールアドレス:
          Tsutomu_Saitou(アット)education.metro.tokyo.jp
          (“(アット)”を半角英数字のアットマークに変更してご利用ください)
別紙)案内書、申込書
  ※画像を印刷してご利用ください。
   画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
   メニューから〔名前を付けてリンク先を保存(K)…〕を選択
   してクリック。画像を保存して利用してください。


2019年6月8日土曜日

平成31年度「大学進学指導研究協議会」開催のご案内

都高進より「大学進学指導研究協議会」開催のご案内

 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また平素より本会の研究活動・事業にご理解、ご協力を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 さて、本年度も大学進学指導の一助とするため、下記の要領で「大学進学指導研究協議会」を開催いたします。校務多忙の折とは存じますが、多くの先生方のご参加につきご高配をたまわりますようお願い申し上げます。


  1. 日時  令和元年7月2日(火)
        14:00~17:00(13:30 受付開始)
  2. 会場  工学院大学
        〒163-8677 新宿区西新宿1-24-2
        TEL 03-3340-0130(入学広報部(直))
        アクセスMAP(工学院大学のサイトへ)
        <交通>JR「新宿駅」西口徒歩5分
            京王線、小田急線、地下鉄各線「新宿駅」徒歩5分
            都営大江戸線「都庁前駅」徒歩3分
            西武新宿線「西武新宿駅」徒歩10分
  3. 講演  第Ⅰ部
          テーマ:「2020年度からの新制度入試
                 -学校推薦型・総合型選抜に向けて-」
          講 師:代々木ゼミナール 教育総合研究所所長
              佐藤 雄太郎 氏
        第Ⅱ部
          工学院大学様より講演
  4. 申込み 当日受付も可能ですが、資料準備の都合上、
        ご出席の場合はメールか別紙用紙をFAXでお送り下さい。
        (講師に対するご質問やご意見もご記入下さい)
        締切り 6月26日(水)
  5. 問い合わせ、連絡先
        東京都立江戸川高等学校   鈴木 恭子
        〒132-0031 江戸川区松島2-38-1
        電話 03―3651―9346
        FAX 03-3674-0970
        メールアドレス:
         Kyouko_Suzuki(アット)education.metro.tokyo.jp
         (“(アット)”を半角英数字のアットマークに変更してご利用ください)

別紙)案内書、申込書
  ※画像を印刷してご利用ください。
   画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
   メニューから〔名前を付けてリンク先を保存(K)…〕を選択
   してクリック。画像を保存して利用してください。


2019年6月7日金曜日

平成31年度「就職指導研究会」開催のご案内

都高進より「就職指導研究会」開催のご案内

 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。また平素より本会の研究活動・事業にご理解、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、本年度も就職指導の一助とするため、下記の要領で「就職指導研究会」を開催いたします。好景気により高卒生の採用は好調ですが、一方で厳選採用の動きは続いております。こうした状況をふまえ企業の人事・採用担当の方をお招きし、昨年度までの採用実績、今年度の採用方針や採用予定数などについてご報告をいただき、就職指導のあり方などについて研究協議をいたします。
 校務多忙の折、誠に恐縮でございますが、多くの先生方にご出席いただけますようよろしくお願い申し上げます。

  1. 日時  令和元年6月18日(火)14:30~17:00
  2. 会場  大原法律専門学校 11号館7階教室
        東京都千代田区西神田2-4-11 
        TEL 03-3237-8711
        アクセスMAP(大原法律専門学校のサイトへ)
        <交通>JR「水道橋駅」西口徒歩5分
            地下鉄「神保町駅」A2出口徒歩5分
            地下鉄「九段下駅」7番出口徒歩5分
  3. 内容 (1)高校生の採用について各事業所から報告
          各事業所の人事・採用担当の方より自社紹介、
          昨年度までの高卒生の採用実績、
          本年度の採用方針と採用予定数 などついて
          参加予定企業:株式会社アンテンドゥ
                 日野自動車株式会社
                 株式会社全日警
                 株式会社オオゼキ
                 日本郵便株式会社 東京支社
                 (順不同)
       (2)研究協議
          ・採用形態の現状と課題について
          ・社員教育のあり方と高卒生の早期離職の防止について
          ・多様な形態の高校からの採用について
          ・企業が希望する高校生の就職指導について
          ・その他
       (3)出席者名刺交換
  4. 受付  当日受付も可能ですが、資料準備の都合上、
        ご出席の場合は別紙用紙でのFAXかメール
        Tsutomu_Saitou(アット)education.metro.tokyo.jp
        (“(アット)”を半角英数字のアットマークに変更してご利用ください
        でご連絡ください。
        また、差し支えない範囲で貴校の今年度の就職希望者の内訳を
        お教え下さい。当日、事業所側に資料として配布いたします。
        <期日 令和元年6月12日(水)>
連絡先) 東京都立東大和南高等学校   齊藤 勉 
〒192-8562  東京都東大和市桜が丘3-44-8
TEL 042-565-7117
FAX 042-565-2895
別紙用紙)案内書、出席票
     ※画像を印刷してご利用ください。
      画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
      メニューから〔名前を付けてリンク先を保存(K)…〕を
      選択してクリック。画像を保存して利用してください。


2019年5月8日水曜日

平成31年度「東京都高等学校進路指導協議会総会および研究協議大会」開催のご案内

都高進より総会および研究協議大会のご案内

 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また平素より本会の研究活動・事業にご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて本会では高等学校における進路指導・キャリア教育の活性化を目的として、各方面での活動を展開しているところですが、本年度は総会及び研究協議大会を下記の要領で開催することとなりました。第2部では研究協議の講師として、株式会社大学通信の安田賢治氏をお招きし、「大学入試改革とこれからの入試について」という演題でご講演いただくことになりました。この度の研究協議を通じて多くの示唆をいただき、今後の活発な情報・意見交換へと生かしていくことができるものと確信致しております。
 また本会の活動報告等、進路学習部会から「人間と社会」「産業社会と人間」「総合的な学習の時間」「総合的な探求の時間」等で使用できる進路学習教材・学習方法等について発表し、都高進紀要として発行いたします。校務ご多忙の折誠に恐縮でございますが、多くの皆様のご出席を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  1. 日 時  令和元年5月24日(金) 14:00~17:15
  2. 会 場  東京都立晴海総合高等学校
         地図はこちら(晴海総合高等学校のサイトへ)
         〒104-0053 東京都中央区晴海1-2-1
           TEL 03-3531-5021
           FAX 03-3531-5024
           アクセス 東京メトロ有楽町線、都営地下鉄大江戸線
                「月島駅」徒歩10分
  3. 次 第  第1部 総 会  14:00~14:30
         第2部 研究協議 14:35~17:05
           1)講 演  14:35~16:10
             講 師  株式会社大学通信 安田 賢治 氏
             演 題  大学入試改革とこれからの入試について
           2)研究発表 16:20~17:05
         事務連絡     17:05~17:15
  4. 資料費  1,000円
  5. 出席通知 5月21日(火)までに別紙出席票にて、
         東京都立葛飾総合高等学校 浦部 ひとみ 宛に
         FAXでお申し込みください。
         下記アドレス宛てに添付していただいても結構です。
進学部会のアンケートを実施しております。あわせてご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

連絡先  東京都高等学校進路指導協議会事務局長 
浦部ひとみ              
メールアドレス            
Hitomi_Urabe(@)member.metro.tokyo.jp
(“(@)”を半角英数字の@に変更してください)
〒125-0035             
東京都葛飾区南水元4丁目21番1号 
TEL 03-3607-3878   
FAX 03-3826-1923   

別紙)案内書、出席表
   ※画像を印刷してご利用ください
   操作)画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
      メニューから〔名前を付けてリンク先を保存(K)…〕を
      選択してクリック。画像を保存してから、その画像を印刷
      してご利用してください。


2019年3月21日木曜日

JAPAN e-Portfolio 参加大学一覧が更新されました

2019年3月20日 JAPAN e-Portfolio参画大学一覧が更新されました

JAPAN e-Portfolio参画大学一覧
https://jep.jp/EPortfolio/statics/univ.html

参加大学数
  国立大 ・・・・・ 15校
  公立大 ・・・・・  5校
  公立短大 ・・・・  1校
  私立大 ・・・・・ 85校
  私立短大 ・・・・  7校
        合計  113校

文部科学省の「平成30年度 学校基本調査」によると
  国立大 ・・・・・  86校
  公立大 ・・・・・  93校
  公立短大 ・・・・  17校
  私立大 ・・・・・ 603校
  私立短大 ・・・・ 314校
        合計  1113校
の学校があることになっている。

また、
平成31年度入学試験において「JAPAN e-Portfolio」を活用する大学・入試制度一覧
https://jep.jp/EPortfolio/statics/JeP_nyushi2019_20181102.pdf
によると

◎「JAPAN e-Portfolio」を入学者選抜に係るデータとして活用
  国立大 ・・・・・  2校
  私立大 ・・・・・  9校


◎「JAPAN e-Portfolio」を参考・参照として活用
※今後の入学者選抜改革に向けて参考のために利用します。合否には一切影響いたしません。
   国立大 ・・・・・  8校
  公立大 ・・・・・  3校
  公立短大 ・・・・  1校
  私立大 ・・・・・ 26校
  私立短大 ・・・・  1校
 

◎「JAPAN e-Portfolio」を統計データとして活用
※入学試験の分析・追跡調査のために利用します。合否には一切影響いたしません。
   国立大 ・・・・・  8校
  公立大 ・・・・・  5校
  公立短大 ・・・・  1校
  私立大 ・・・・・ 27校
  私立短大 ・・・・  2校
  

利用させる入試制度についても、「指定校推薦」「公募推薦」「一般入試」「AO入試」「特別選抜」など様々


2016年入試からはじまった私立大学の入学定員厳格化
 
2018年に可決した東京23区の大学の定員増を原則10年間禁じる地域大学振興法
 
2020年度からスタートする大学入学共通テスト
 
それぞれが及ぼす影響と対応など
生徒の将来を左右する出来事
 
しっかりと情報収集し対応しないといけませんね
 

2019年3月10日日曜日

「『2019年度開設 専門職大学・専門職短期大学』の紹介サイト」文部科学省

文部科学省が209年度より開設される「専門職大学」「専門職短期大学」「専門職学科」および専門職大学等の概要、特色等について紹介するWebページを公開

専門職大学・専門職短期大学・専門職学科
コンテンツは、下記の内容となっています。
  1. 専門職大学等への進学を検討している方へ
     専門職大学等一覧
     専門職大学・専門職短期大学について(パンフレット)
  2. 制度の概要・特色など
     (1)専門職大学等の概要・特色
     (2)Q&A(専門職大学等に関する良くある質問)
     (3)専門職大学の制度化に伴う制度説明会(平成29年11月6日開催)
     (4)専門職大学等の設置に関する説明会(平成30年11月21日開催)
  3. 専門職大学等の設置を検討している方へ
     大学の設置認可・届出制度
     専門職大学等の設置構想のポイント 
  4. 関係法令、各種通知など
     (省略)
  5. その他
     (1)専門実践教育訓練給付金

高校で生徒の進路指導をするうえで有用な情報は、1と2だけでしょうかね。


「専門職大学等一覧」は、文科省のページから専門職大学・専門職短期大学のWebサイトへリンクが張られています。

「専門職大学・専門職短期大学について(パンフレット)」の記述に、『既存の大学の一部の学部・学科でも、同様の教育上の特徴を持った「専門職学部」「専門職学科」の開設が可能となります。』とある。

専門職大学・専門職短期大学は、『専門実践教育訓練給付金』の対象になるのですね。しかしながら、高校生にとっては利用できる制度ではなりませんのでね。


専門職大学・専門職短期大学・専門職学科
平成31(2019)年度より、実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関として「専門職大学」「専門職短期大学」「専門職学科」(以下、「専門職大学等」という。)が創設されます。このページでは、専門職大学等の概要、特色等について紹介します。
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/index.htm

2019年3月4日月曜日

平成30年度「大学進学指導研究協議会」開催のご報告

都高進より「大学進学指導研究協議会」開催のご報告

 平成30年度「大学進学指導研究協議会」が、平成30年12月6日(木)に工学院大学新宿キャンパスにて開催されました。第一部として駿台予備学校池袋校校舎長の時田珠里先生に「受験直前期の指導法~GMARCH以上の合格を目指す道~」というテーマでご講演いただきました。時田先生には本会のために作成いただきました多くのスライドを元に、大変詳しく、また具体的なご説明を頂戴いたしました。


 まず確認事項として受験前のネット環境の整備や、センター試験受験の際のマークミス回避などの指摘がありました。また、同じGMARCHでもいわゆる偏差値でかなりの差が生じていたり、キャンパスの都心回帰で人気が上がったりなど、大学、学部ごとの動きを細かく見ていく必要があるとのことでした。さらに、いわゆる「仮面浪人生」として、4月から6月にかけて在学中の大学を辞めて予備校に行きたいという申し出が増えている現象に対し、行きたい大学を受けていない、やり切った感がない、行きたい学部ではなかった、など、現役時代の受験経験が大きく影響を与えているとのことでした。また、併願の可否や英語の外部検定試験、数学を入れるだけで「ライバルが減る」文系学部などの例が挙げられました。おしなべて、今年の受験については昨年度までと大差はないが、来年度は大幅に浪人生が減る可能性が高いことから、受験に対して例年以上の特別な対策が求められることは想定しにくいとのことでした。


 本研究協議会のための特別仕様の配布資料、および説明内容につきまして、この度もご参加いただいた方々から、大変ご好評をいただきました。


 また第二部として、工学院大学様より学生の方によるプレゼンがありました。
お忙しいところご登壇いただきました時田様、そしてご参加いただきました多くの皆様方、ご協力いただきました工学院大学様にこの場をお借りし、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。