2018年6月14日木曜日

平成30年度「大学進学指導研究協議会」開催のご案内

都高進より「大学進学指導研究協議会」開催のご案内

 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また平素より本会の研究活動・事業にご理解、ご協力を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 さて、本年度も大学進学指導の一助とするため、下記の要領で「大学進学指導研究協議会」を開催いたします。校務多忙の折とは存じますが、多くの先生方のご参加につきご高配をたまわりますようお願い申し上げます。

  1. 日時  平成30年7月5日(木)
        14:00~17:00(13時30分受付開始)
  2. 会場  工学院大学
        東京都新宿区西新宿1-24-2
        ℡ 03-3340-0130(入学広報部(直))
        アクセスMAP工学院大学のサイトへ
        〈交通〉JR新宿駅下車3分
  3. 講演  第Ⅰ部
          テーマ:「2020年からの新制度入試に向けた対策
              -特別選抜を中心とした仕組みの理解
                           と今後の動向-」

          講 師:代々木ゼミナール 教育総合研究所 所長
              佐藤 雄太郎 氏
        第Ⅱ部
          工学院大学より講演予定
  4. 申込み 当日受付も可能ですが、資料準備の都合上、
        ご出席の場合はメールか別紙用紙をFAXでお送り下さい
        (講師に対するご質問やご意見もご記入下さい)。
        締切り 6月27日(水)
  5. 問い合わせ、連絡先
        東京都立晴海総合高等学校   森川 雅彦
        〒104-0053 東京都中央区晴海1-2-1
        電話 03-3531-5021
        FAX 03-3531-5024
        メールアドレス:
         Masahiko_Morikawa(アット)member.metro.tokyo.jp
         (“(アット)”を半角英数字のアットマークに変更してご利用ください)
別紙)案内書、申込書
  ※画像を印刷してご利用ください。
   画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
   メニューから〔名前を付けてリンク先を保存(K)…〕を選択
   してクリック。画像を保存して利用してください。


2018年6月11日月曜日

「平成30年3月 都内における高等学校卒業者の就職内定率99.7%!」厚生労働省東京労働局発表

平成30年3月新規高等学校卒業者の求人・求職・就職状況を公表(平成30年3月末現在)
~就職内定率99.7%! 前年同期より0.1ポイント上昇!~

都内ハローワークが受理した平成30年3月高等学校卒業者向けの求人は、平成30年3月末現在で、前年同期を9.0%上回る48,597人、就職内定率は6年連続で99%を超える高水準となりました。
また、ハローワークでは、現在も就職活動を続ける学生、生徒に対して、「ひとりにしない」「あきらめさせない」をスローガンに「未就職卒業生への集中支援2018」を実施中です。


都内における高等学校卒業者の求人・求職・就職状況
           (カッコ内は前年同期比)

  1. 求人状況
    求人数は 48,597 人(9.0%増)
    求人倍率は 7.73 倍(0.80P増)
  2. 求職状況
    求職者数は 6,290 人(2.2%減)
    (うち男子:3,680 人(3.5%減) 女子:2,610 人(0.2%減))
  3. 就職状況
    就職決定者は 6,271 人(2.1%減)
    (うち男子:3,670 人(3.3%減) 女子:2,601 人(0.3%減))
  4. 内定状況
    内定率は 99.7%(0.1P増)
 
厚生労働省 東京労働局 発表記事
平成30年3月高等学校卒業者の都内就職状況等を公表
               (平成30年3月末現在)

◎「東京労働局:未就職卒業生への集中支援2018


2018年6月9日土曜日

「平成29年度 高校生の就職内定率は99.3% 調査開始以降過去最高」厚生労働省発表

平成29年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」取りまとめ
~高校生の就職内定率は99.3%と前年同期比0.1ポイント上昇。昭和63年3月卒の調査開始以降過去最高。平成30年3月末現在~

厚生労働省は、このほど、平成30年3月に高校や中学を卒業した生徒について、平成30年3月末現在の公共職業安定所(ハローワーク)求人における求人・求職・就職内定状況を取りまとめました。対象は、学校やハローワークからの職業紹介を希望した生徒です。

【高校新卒者】
 ○ 就職内定率  99.3%で、前年同期比0.1ポイントの上昇。
 ○ 就職内定者数 約17万人で、同1.2%の減。
 ○ 求人数    約43万3千人で、前年同期比11.7%の増。
 ○ 求職者数   約17万1千人で、同1.3%の減。
 ○ 求人倍率   2.53倍で、同0.3ポイントの上昇。

(参考1)
平成30年3月高校・中学新卒者の選考・内定開始期日は、全国高等学校長協会、主要経済団体(一般社団法人日本経済団体連合会、日本商工会議所、全国中小企業団体中央会)、文部科学省及び厚生労働省において検討を行い、次のように申し合わせています。
 ・ 高 校 平成29年9月16日以降
 ・ 中学校 平成30年1月1日以降
       (積雪指定地域では、平成29年12月1日以降)
(参考2)
文部科学省も高校生の就職状況について類似の調査を行っていますが、これは就職を希望する人全員を対象としており、学校及びハローワークを通して求職している人のみを調査対象としている厚生労働省の調査と母集団が異なります。


厚生労働省 発表記事
平成29年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」取りまとめ

2018年6月6日水曜日

平成30年度「就職指導研究協議会」開催のご案内

都高進より「就職指導研究協議会」開催のご案内

 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。また平素より本会の研究活動・事業にご理解、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、本年度も就職指導の一助とするため、下記の要領で「就職指導研究会」を開催いたします。景気の回復にともなって高卒生の採用拡大がいわれておりますが、一方で厳選採用の動きは続いております。こうした状況をふまえ企業の人事・採用担当の方をお招きし、昨年度までの採用実績、今年度の採用方針や採用予定数などについてご報告をいただき、就職指導のあり方などについて研究協議をいたします。
 校務多忙の折、誠に恐縮でございますが、多くの先生方にご出席いただけますようよろしくお願い申し上げます。

  1. 日時  平成30年6月19日(火) 14:30~17:00
  2. 会場  大原法律専門学校 7階教室
        東京都千代田区西神田2-4-11
        TEL 03-3237-8711
        アクセスMAP(大原法律専門学校のサイトへ)
        〈交通〉JR「水道橋駅」西口徒歩5分
            地下鉄「神保町駅」A2出口徒歩5分
            地下鉄「九段下駅」7番出口徒歩5分
  3. 内容 (1)高校生の採用について各事業所から報告
          各事業所の人事・採用担当の方より自社紹介、
          昨年度までの高卒生の採用実績、
          本年度の採用方針と採用予定数などついて
          参加予定企業:株式会社アンテンドゥ
                 日野自動車株式会社
                 日本郵便株式会社 東京支社
                 サミット株式会社
                 (順不同)
       (2)研究協議
          ・採用形態の現状と課題について
          ・社員教育のあり方と高卒生の早期離職の防止について
          ・多様な形態の高校からの採用について
          ・企業が希望する高校生の就職指導について
          ・その他
       (3)出席者名刺交換
  4. 受付  当日受付も可能ですが、資料準備の都合上、
        ご出席の場合は別紙用紙でのFAXかメール
        Tsutomu_Saitou(アット)education.metro.tokyo.jp
        (“(アット)”を半角英数字のアットマークに変更してご利用ください
        でご連絡ください。
        また、差し支えない範囲で貴校の今年度の就職希望者の内訳を
        お教え下さい。当日、事業所側に資料として配布いたします。
        <期日 平成30年6月15日(金)>
連絡先)東京都立東大和南高等学校   齊藤 勉
〒192-8562 東京都東大和市桜が丘3-44-8
TEL 042-565-7117
FAX 042-565-2895
別紙用紙)案内書、出席票
     ※画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
      メニューから〔名前を付けてリンク先を保存(K)…〕を
      選択してクリック。画像を保存して利用してください。


2018年5月29日火曜日

「専門職大学」「専門職短期大学」の現状をまとめてみました

都高進より「専門職大学」「専門職短期大学」のについて
 
 6月26日(火)に開催されます「第55回 専門学校研究協議会」において、少しの時間ですが専門職大学の紹介があります。
 2017年5月に改正学校教育法が可決・成立し、2019年4月より専門職大学及び専門職短期大学が開設される予定となりました。つまり、来春から専門職大学及び専門職短期大学に入学する生徒がでるということで、進路指導に大きく関わってきます。現状どうなっているのか、まとめてみました。
 
そもそも、専門職大学及び専門職短期大学とは
◎専門職大学・専門職短期大学の特色

  • 教育内容
     専門職大学等は、その専門性が求められる職業に就いている者、当該職業に関連する事業を行う者その他の関係者の協力を得て、教育課程を編成、実施することになっており、産業界等と連携した教育を実施することが義務付けられます。
     また、卒業単位のおおむね3~4割程度以上を実習等の科目とするとともに、適切な指導体制が確保された企業内実習等を、2年間で10単位以上、4年間で20単位以上履修することとしています。
    ⇒(コメント)理系の大学の場合、卒業単位の3~4割程度が実習や演習の授業というお話を聞いたことがあります。そのことが、理系の大学生と文系の大学生の授業時間の違い・・・というお話につながっていると。そう考えると、文系の専門職大学は既存の大学・短期大学と違いが大きくなることが考えられます。
     企業内実習は、様々な形で大学・短期大学でも導入が進んでいるように思います。しかし、企業内実習の単位が大きいという事で、そこから得るものが多くなるという教育内容について期待したいです。しかしながら、どのような企業に実習に行くかで得るものも大きく変わるのではないでしょうか。同じ業界であっても、会社の規模、独自技術の有り無し、業界構造のポジションなどによって、できることが変わるのではないでしょうか。
  • 修業年限
     4年制課程の専門職大学と、2年制又は3年制課程の専門職短期大学があります。
     専門職大学は前期課程及び後期課程の区分制課程も導入できることになっています。これにより、前期課程修了後一旦就職してから後期課程へ再入学する、社会人が学び直しのために後期課程から入学するなど、多様な学習スタイルを選択できます。
  • 修業年限の通算
     社会人の学び直しを推進するため、実務の経験を有する者が専門職大学等に入学する場合に、当該入学者の実務経験を通じた能力習得を勘案して、一定期間を修業年限に通算できます。
    ⇒(コメント)前期課程及び後期課程という制度と実務経験を通じて得た能力を修業年限として換算できる制度により、制度上で社会人が学校に戻り学ぶという事をサポートしている。この制度がどの程度機能していくのか。評価の基準や受入れ側の学校数なども影響するのではないでしょうか。
  • 教員
     実務家教員を教員組織の中に積極的に位置づけ、必要専任教員数のおおむね4割以上を実務家教員とし、その半数以上は研究能力を併せ有する実務家教員とします。
  • 入学者の受入れ
     高等学校(専門学科・普通科)卒業後の学生、社会人学生、編入学生など、多様な学生を積極的に受入れます。
     入学者選抜では実務経験や保有資格、技能検定での成績等を積極的に考慮し、意欲・能力・適性等を多面的・総合的に評価します。
    ⇒(コメント)来春設置予定の学校でも、現時点では申請中という事もあり?入試の情報については、ホームページ等で知ることは出来ない。しかし、大学・短期大学とは異なる入学選抜方法になると感じます。
  • 学位
     専門職大学を卒業した者に対し「学士(専門職)」の学位を、専門職短期大学を卒業した者に対し「短期大学士(専門職)」の学位を授与します。
     また、専門職大学の前期課程を修了した者に対し「短期大学士(専門職)」の学位を授与します。
    ⇒(コメント)大学を卒業すると「学士(専攻分野)」、短期大学を卒業すると「短期大学士(専攻分野)」という学位が授与される。専門職大学・専門職短期大学では、専攻分野には関係なく、学位が授与されるという事になるのですね。つまり、「大学・短期大学とは違う」という事が学位でも明らかなわけですね。

  ※制度の理解不足から、的外れなコメントをしていましたらお許しください。

平成31年度開設予定大学等について(認可申請中)
(文部科学省「平成31年度開設予定大学等認可申請一覧」より引用)
◎専門職大学(13校 9学校法人)

  • 国際工科専門職大学
      URL :https://www.iput.ac.jp/
      設置場所:東京都新宿区、愛知県名古屋市、大阪府大阪市
      設置者 :学校法人
    日本教育財団
           (https://www.nkz.ac.jp/
  • 国際ファッション専門職大学
      URL :https://www.uif.ac.jp/
      設置場所:東京都新宿区、愛知県名古屋市、大阪府大阪市
      設置者 :学校法人日本教育財団
           (https://www.nkz.ac.jp/
  • 専門職大学 東都学院大学
      URL :
      設置場所:東京都目黒区、神奈川県茅ケ崎市
      設置者 :学校法人小関学院
  • 東京医療福祉専門職大学
      URL :https://www.isen.ac.jp/tokyo
      設置場所:東京都新宿区
      設置者 :学校法人日本教育財団
           (https://www.nkz.ac.jp/
  • 東京専門職大学(仮称)
      URL :https://www.tpu.ac.jp/
      設置場所:東京都江東区
      設置者 :学校法人敬心学園
           (http://www.keishin-group.jp/
  • 金沢専門職大学
      URL :https://www.金沢専門職大学.jp/
      設置場所:石川県白山市
      設置者 :学校法人国際ビジネス学院
           (http://www.kbg.ac.jp/
  • 名古屋医療福祉専門職大学
      URL :https://www.isen.ac.jp/nagoya
      設置場所:愛知県名古屋市
      設置者 :学校法人日本教育財団
           (https://www.nkz.ac.jp/
  • 京都専門職大学
      URL :https://univ-kyoto.ac.jp/
      設置場所:京都府京都市
      設置者 :学校法人大和学園
           (https://www.taiwa.ac.jp/
  • 大阪医療福祉専門職大学
      URL :https://www.isen.ac.jp/osaka
      設置場所:大阪府大阪市
      設置者 :学校法人日本教育財団
           (https://www.nkz.ac.jp/
  • 島根保健福祉専門職大学
      URL :
      設置場所:島根県仁多郡奥出雲町
      設置者 :学校法人仁多学園
  • 岡山医療専門職大学
      URL :http://www.isen-u.ac.jp/
      設置場所:岡山県岡山市
      設置者 :学校法人本山学園
           (http://motoyama-e.com/
  • 高知リハビリテーション専門職大学
      URL :
      設置場所:高知県土佐市
      設置者 :学校法人高知学園
           (http://www.kochigakuen.ed.jp/
  • 福岡専門職大学
      URL :
      設置場所:福岡県福岡市
      設置者 :学校法人福岡医療学院


◎専門職短期大学(3校 3学校法人)

  • ヤマザキ動物看護専門職短期大学
      URL :
      設置場所:東京都渋谷区
      設置者 :学校法人ヤマザキ学園
           (http://www.yamazaki.ac.jp/
  • 日本歯科専門職短期大学
      URL :
      設置場所:静岡県磐田市
      設置者 :学校法人染葉学園
           (http://www.hba.ac.jp/
  • 大阪調理専門職短期大学
      URL :
      設置場所:大阪府泉大津市
      設置者 :学校法人村川学園


平成32年度以降に開設予定大学等について(設置者が表明している情報)
  • 保健科学専門職大学(仮称)
      URL :http://www.hsp.ac.jp/
      設置場所:千葉県市原市、石川県七尾市
      設置者 :学校法人阿弥陀寺桜咲教育学園
  • i専門職大学(仮称)
      URL :https://www.i-u.ac.jp/
      設置場所:東京都墨田区
      設置者 :学校法人電子学園
  • 開志専門職大学(仮称)
      URL :https://www.kaishi-pu.ac.jp/
      設置場所:新潟県新潟市
      設置者 :NSGグループ
           (https://www.nsg.gr.jp/
  • 専門職大学(名称未定)(静岡県立農林大学校からの移行)
      URL :
      設置場所:静岡県磐田市
      設置者 :静岡県
  • 山形EV専門職短大(仮称)
      URL :
      設置場所:山形県飯豊町
      設置者 :学校法人赤門学院
           (http://www.akamon.org/
  • 専門職短大(名称未定)
      URL :
      設置場所:群馬県高崎市
      設置者 :学校法人藤仁館学園
           (http://www.tojinkan.ac.jp/
  • 瀬戸内専門職短期大学(仮称)
      URL :http://www.seto.ac.jp/
      設置場所:香川県高松市
      設置者 :学校法人穴吹学園
           (http://www.anabuki.ac.jp/
今後、情報収集をしていきたいと思います。

東京都高等学校進路指導協議会(都高進)
事務局

2018年5月25日金曜日

平成30年度「第55回 専門学校研究協議会」開催のご案内

都高進より「専門学校研究協議会」開催のご案内

 時下ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。また平素から本会の研究活動・事業に、御理解と御協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
 さて、専門学校研究部会では、専門学校進学希望者に対する適切な進路指導を進める一助とするため、専門学校の研究協議会を下記の要領で開催いたします。つきましては、校務御多忙の折誠に恐縮でございますが、多くの先生方に参加いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

  1. 日 時  平成30年6月26日(火)
         14:00~17:15(受付13:30から)
  2. 会 場  日本電子専門学校9号館メディアホール
  3. 研究協議テーマ
         『看護・医療への進路指導』
  4. 内 容  ①基調講演
          『看護医療系への進路指導方法と役立つ入試情報』
          講師:武川 洋介 氏
             東京医療学院大学(元新宿セミナー職員)
         ②各看護医療分野専門学校、看護医療系大学説明 研究協議
            慈恵看護専門学校(看護)
            昭和大学医学部附属看護専門学校(看護)
            東京衛生学園専門学校(理学療法・鍼灸マッサージ師・看護)
            東京都立板橋看護専門学校(看護)
            東京都立南多摩看護専門学校(看護)
            順天堂大学(看護)
            文京学院大学(看護・理学療法・作業療法・臨床検査)
            東京医療学院大学(看護・理学療法・作業療法)
            東京医療保健大学(看護)
  5. 案  内  ①東京都福祉保健局福祉推進課人材対策担当より
          ②日本電子専門学校ならび「i専門職大学」紹介
          ※14:00から15分間程度行います
  6. 申  込  FAX(別紙申込書)にて6月22日(金)迄に下記まで
          お申し込みください。当日参加も出来ますが、資料準備
          の都合上、事前にFAXをいただけると助かります。
          (会場校へのお問い合わせは、御遠慮下さい。)
別紙)案内書、申込書
  ※画像を印刷してご利用ください。
   画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
   メニューから〔名前を付けてリンク先を保存(K)…〕を選択
   してクリック。画像を保存して利用してください。


2018年5月20日日曜日

「JAPAN e-Portfolio」に関する情報を集めてみました

都高進より「JAPAN e-Portfolio」の情報について

JAPAN e-Portfolio の導入する大学は
 JAPAN e-Portfolio は、実際にどのくらい導入されるのか、平成30年5月11日時点でのデータが「JAPAN e-Portfolio」のサイトに掲載されていましたので転載いたします。

平成30年5月11日時点で参画を表明している大学・短大は87校
  国立大学   15校
  公立大学    5校
  公立短期大学  1校
  私立大学   62校
  私立短期大学  4校
となっています。
東京都に立地する大学で参画を表明している大学は
  国立大学
    東京農工大学    東京外国語大学    東京医科歯科大学
  公立大学
    首都大学東京
  私立大学
    桜美林大学     駒澤大学       中央大学
    青山学院大学    大妻女子大学     国学院大学
    昭和女子大学    上智大学       創価大学
    東京工芸大学    東京理科大学     東洋大学
    日本女子体育大学  法政大学       武蔵大学
    武蔵野大学     明治大学       立教大学
    立正大学      和光大学       早稲田大学
  私立短期大学
    大妻女子大学短期大学部
となっています。
 
 
そもそも「高大接続ポータルサイト JAPAN e-Portfolio」とは?

 スタディサプリのサイトにレポートがありましたので紹介します
高大接続ポータルサイト「JAPAN e-Portfolio」の概要・活用の意義<前編>
高大接続ポータルサイト「JAPAN e-Portfolio」の概要・活用の意義<後編>

 リセマムのサイトに記事がありましたので紹介します
eポートフォリオとは?大学受験に備えて知っておきたい基礎知識
eポートフォリオとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

 リクルート進学総研 カレッジマネジメント Vol.207 の記事より紹介します
主体性を評価する仕組みはどこまで進んでいるのか
 ~文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業(主体性等分野)の進捗状況~

 Between情報サイトに記事がありましたので紹介します
文科省委託事業で主体性評価に向けeポートフォリオと出願システム構築
主体性等評価の実証事業で8月からeポートフォリオを入試等で活用

以上、ご参考までに。

東京都高等学校進路指導協議会 事務局

2018年5月19日土曜日

平成30年度 研究協議大会(6月1日開催)のパネラーとコーディネーターが決定いたしました

都高進より研究協議大会のご案内

 平成30年6月1日に開催されます、「東京都高等学校進路指導協議会総会および研究協議大会」のパネルディスカッションにご参加いただく、パネラーおよびコーディネータの先生方が決定いたしました。研究協議大会について、追加情報も含め再掲させていただきます。
 ご多忙の折誠に恐縮でございますが、多くの皆様のご出席を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

第2部 研究協議 14:05~17:05
  1)講演 14:05~15:00
    講師 関西学院大学教授  尾木 義久 先生
    演題 「文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業 主体性等分野
        ~高大接続ポータルサイト
             JAPAN e-Portfolio の活用について~」
  2)パネルディスカッション
       15:10~16:20
    パネラー
       関西学院大学教授
            尾木義久 様
       国立大学法人 東京農工大学 グローバル教育院
         アドミッション・専門基礎教育グループ
            藤井 恒人 様
       桜美林大学 入学部(アドミッションオフィス)部長
            高原 幸治 様
       駒澤大学 入学センター所長 法学部 教授
            熊谷 芝青 様
       中央大学 入学センター事務部 高大接続・連携推進担当
            仲谷 康敬 様
    コーディネーター
       東京都立東大和南高等学校 主任教諭
            齊藤 勉 様

 今回の研究協議大会につきましては、東京都の都立高等学校及び私立高等学校の先生方以外の方々の参加も承っております。今後、大きく変化するであろう進路指導に関連する「JAPAN e-Portfolioの活用について」お知りになりたい方々も、どうぞお申し込みください。
 お申込みにつきましては、5月8日に本サイトに掲載いたしました記事
平成30年度「東京都高等学校進路指導協議会総会および研究協議大会」開催のご案内
より、出席票をダウンロード頂きお申し込みください。
よろしくお願いいたします。

連絡先  東京都高等学校進路指導協議会事務局長   
浦部ひとみ                
東京都立葛飾総合高等学校 主幹教諭    
メールアドレス              
Hitomi_Urabe(@)member.metro.tokyo.jp
〒125-0035 東京都葛飾区南水元4-21-1 
TEL 03-3607-3878   
FAX 03-3826-1923   

2018年5月8日火曜日

平成30年度「東京都高等学校進路指導協議会総会および研究協議大会」開催のご案内

都高進より総会および研究協議大会のご案内
(平成30年5月19日 パネルディスカッション情報を加筆・修正)

  時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また平素より本会の研究活動・事業にご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて本会では高等学校における進路指導・キャリア教育の活性化を目的として、各方面での活動を展開しているところですが、本年度は総会及び研究協議大会を下記の要領で開催することとなりました。第2部では研究協議の講師として、関西学院大学教授の尾木義久先生をお招きし、「文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業主体性等分野~高大接続ポータルサイト JAPAN e-Portfolioの活用について~」という演題でご講演いただくことになりました。またご講演に引き続き、国立大学、私立大学の担当者を交えてのパネルディスカッションを企画しております。この度の研究協議を通じて多くの示唆をいただき、今後の活発な情報・意見交換へと生かしていくことができるものと確信しております。
 また本会の活動報告等、進路学習部会からは「人間と社会」「総合的な学習の時間」「産業社会と人間」等で使用できる進路学習教材・学習方法等について発表し、都高進紀要として発行いたします。ご多忙の折誠に恐縮でございますが、多くの皆様のご出席を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  1. 日 時  平成30年6月1日(金)13:30~17:15
  2. 会 場  東京都立晴海総合高等学校
         地図はこちら(晴海総合高等学校のサイトへ)
         〒104-0053 東京都中央区晴海1-2-1
          TEL 03-3531-5021
          FAX 03-3531-5024
           東京メトロ有楽町線、都営地下鉄大江戸線
           「月島駅」徒歩10分 
  3. 次 第  第1部 総 会  13:30~14:00
         第2部 研究協議 14:05~17:05
          1)講演 14:05~15:00
            講師 関西学院大学教授  尾木 義久 先生
            演題 「文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業
                主体性等分野
                ~高大接続ポータルサイト
                  JAPAN e-Portfolio の活用について~」
          2)パネルディスカッション
               15:10~16:20
            パネラー
               関西学院大学教授
                  尾木 義久 様
               国立大学法人 東京農工大学 グローバル教育院
                アドミッション・専門基礎教育グループ
                  藤井 恒人 様
               桜美林大学
                入学部(アドミッションオフィス)部長
                  高原 幸治 様
               駒澤大学 入学センター所長 法学部 教授
                  熊谷 芝青 様
               中央大学 入学センター事務部
                高大接続・連携推進担当
                  仲谷 康敬 様
            コーディネーター
               東京都立東大和南高等学校 主任教諭
                  齊藤 勉 様
          3)研究発表
               16:25~17:05
         連絡事項  17:05~17:15
  4. 資料費  1,000円
  5. 出席通知 5月29日(火)までに別紙出席票にて、東京都立葛飾総合
         高等学校浦部ひとみ宛にFAXでお申し込みください。
         または下記メールアドレス宛に添付ファイルで送信して
         いただいても結構です。
進学部会のアンケートを実施しております。あわせてご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
連絡先  東京都高等学校進路指導協議会事務局長   
浦部ひとみ                
東京都立葛飾総合高等学校 主幹教諭    
メールアドレス              
Hitomi_Urabe(@)member.metro.tokyo.jp
〒125-0035 東京都葛飾区南水元4-21-1 
TEL 03-3607-3878   
FAX 03-3826-1923   

別紙)案内書、アンケート、出席票
   ※画像を印刷してご利用ください
   操作)画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
      メニューから〔名前を付けてリンク先を保存(K)…〕を
      選択してクリック。画像を保存してから、その画像を印刷
      してご利用してください。

2018年3月28日水曜日

「平成29年度新規高卒者就職問題連絡会議」のご報告

都高進より新規高卒者就職問題連絡会議のご報告

平成30年2月2日(金)に「平成29年度新規高卒者就職問題連絡会議」が厚生労働省にて開催されました。

 本会議は厚生労働省、文部科学省と現場の進路指導の教員が毎年定例で開催しているものです。冒頭厚生労働省から2017年7月の組織改編について説明があり、人材開発統括官付参事官(若年者・キャリア形成支援担当)の伊藤正史氏の紹介がありました。また、文部科学省から児童生徒課長補佐の生方裕氏、児童生徒課指導調査係専門職の迫浩司氏が出席されました。

 職業安定局首席職業指導官室若年者就職援助係長大坪祥一氏からは、新規学卒者への就職支援について、今年度の高卒就職状況について概要が示されました。とりわけ新規学卒者の離職状況(平成26年3月卒業者)について、3年以内に離職する者の割合は、中学卒6割、高校卒4割、大学卒3割であるとのことでした。若者雇用促進法の職場情報の積極的な提供、ハローワークにおける求人不受理、そしてユースエール認定制度についての説明がありました。また高校生の就職活動のルールについての確認がありました。
 一方現場の教員からは各ブロックでまとめた今年度の就職報告書が提出され、高卒就職の際の企業側の違反事例等が示されるとともに、さらなる高卒就職支援に向けた対処を要望するなど、双方の積極的な情報・意見交換の場となりました。
 日頃より高校生の就職指導をご担当されていらっしゃる先生方におかれましては、就職アンケートにつきまして大変お忙しいところご協力いただきありがとうございました。都高進より東京ブロックのまとめとして提出させていただきましたことを、この場を借りましてご報告申し上げます。ありがとうございました。

東京都高等学校進路指導協議会 事務局